建設現場に鳶さんや土工さんを派遣する、小さな派遣会社に勤務している。女性の事務パートは私ともう1人だけ。もう1人の女性は50歳を目前に控えた主婦なので、若くて独身の私は、出入りする若い職人さんたちに少し人気があると思っている。でも実は、その中でも私は鳶さんのリーダー格の人が気になっている。先日も上司や営業の男性も含め、職人さんたち何人かで仕事の後に飲んだのが、私の気になっている彼も参加していた。日焼けしていて浅黒く、ホリが深く一見怖そうだが、笑うと少年のような表情になり、私の母性本能をくすぐるのだ。

NHK生活情報ブログ:NHK

彼が気になりだしたのは、会社の帰り道で、ばったり出くわした時からだ。そこは歯科医院の前で、彼は治療を終えて出てきたところだった。お互いもう見知っていたのでどちらともなく立ち話の形となり、仕事中に足場を踏み外し、とっさにつかんだパイプに歯をぶつけて折れてしまったということだった。それ以降気になっていたので、今日の飲み会で少しでも近づけるかと期待していた。



ところが、彼がトイレに立った隙に、上司や彼の同僚の職人さんたちが、彼が酔っ払って転んでしまい、歯を折った為に入れ歯をいれたという話をしだしたのだ。仕事で歯を折ったというのは嘘だったのだ。若い頃にシンナー遊びなどをしていたので全体的に歯が弱く、今回に限らず、既に何本かは入れ歯だという話も聞かされた。

愛知県名古屋市中区のオーリングテスト歯医者/歯科医院、噛み合わせ治療の鶴舞歯科

正直ショックだった。まだ若く、パッと見は格好いいのに入れ歯だなんて。私は自分の歯に銀歯がかぶさっているのだって許せないタイプなのに、まるでお年寄りのようではないか。恋愛に発展する前に、彼が入れ歯を入れている事実を知り、私のほのかな恋心は冷めた。