さて、前回は山形牛の歴史についてお話しましたが、実は山形には山形牛の他に忘れてはいけないブランド牛が存在します。前回、山形牛の定義として、山形県で一番長く飼育された肉質等級3以上の肉牛が山形牛と名乗ることが出来ると言いましたが、実はいくつか例外が有り、肉質等級が3以上でも山形牛を名乗る事が無い場合も有るのです。それが、米沢牛です。米沢牛は日本三大和牛の一つに数えられる日本を代表する和牛です。定義としては山形県の南部米沢市を含む山形県置賜地方3市5町で飼育された肉質等級が3等級以上の、放射性物質不検出の肉牛が米沢牛となります。

妊婦じゃなくても葉酸は必要!|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

「なせばなる、なさねばならぬなにごとも。ならぬはひとのなさぬなりけり」皆さんも一度は聞いた事が有るフレーズではないでしょうか。この言葉は第9代米沢藩主上杉鷹山の言葉です。鷹山の功績は多くありますが、教育面でも一度絶えた藩の学校を再校させました。そこで教鞭を取ったのが米沢牛を全国的に有名にさせた恩人、チャールズ・ヘンリー・ダラスです。

【みずほスタイル】シックスプロデュース 自然放牧牛乳をたっぷり使用した特製ソフトクリーム・ジェラート・絞りたて牛乳四季のめぐみ

ダラスはイギリス人貿易商でしたが、明治4年から8年まで米沢藩の学校で英語だけに留まらず、数学・経済学・地理等多岐に渡り教鞭をふるいました。明治8年に米沢を離れ横浜に行く際、米沢で食べた牛肉が名残惜しく、横浜まで米沢牛を一頭連れて行ったのです。そして、東京や横浜で米沢牛の宣伝を行い、更には連れのコックに資金提供して米沢牛専門店を開店させる程の熱の入れようでした。

米沢牛 通販

ダラスの宣伝の甲斐も有り、米沢牛は全国的に有名になり、三大和牛の一つに数えられるようになりました。実は、山形牛の発展も米沢牛による影響が大きいのです。山形は米沢牛だけではないと、県内で様々なブランド牛が乱立した事で競争力が増し、結果的に山形牛として統合された時には、最高級ブランド牛に引けを取らないブランド牛が誕生したという訳なのです。